ブログ

Blog

英語をスタートするなら今! 英語専門校で学ぶ 春期講座

キャンペーン

 3月4日より、春期講座がスタートします。 春期講座では、これまで好評だった英検対策講座と4月から英語を始めるかたを対象とした体験コースを中心に、様々なクラスを開講しています。

 級別・英検対策講座(小~高)

 3級と準2級に新形式が導入されて2年となりました。2級に関しては、かれこれ4年になりますので、ライティングの問題数も出そろってきました。その結果、しっかりと対策をすれば結果が出やすく得点源になりやすいことは間違いありません。今回は2級に絞って、どのように点数をとればいいのかということについてお話します。
 2級以上の級では、2つの理由を書くために、あらかじめトピックに関連する『観点』が用意されています。2級に関しては、使っても使わなくてもいいのですが、準1級に関しては、与えられた4つの観点のうち、2つを必ず使わなければなりません。
 2級の場合、使わなくてもいいとなると、別の観点から書いても構わないのですが、できるだけ提示された観点から書いた方が、読み手もわかりやすく、また書き手としてもせっかくのヒントを活かさない手はありません。そして、この観点、実は頻出の単語がある…というのが、今回のお話です。

 2017年第1回から、2018年第3回まで、全6回×3曜日(金、土、日)、合計18問のライティング問題をチェックしたところ、全部で54個(詳細を知りたい方は、ぜひお問い合わせください。お見せいたします。)ある『観点』のうち、以下の4つが複数回出題されていることがわかりました。

この4つというのが
① Cost ⇒  費用 7回
② Environment  ⇒ 環境 6回
③ Technology ⇒ 技術 5回
④ Convenience ⇒ 利便性 4回
です。

 いかがでしょうか。観点として出てきた時もそうですが、もし出てこなくても、費用、環境、技術、利便性といった観点は、様々な事柄の理由づけに非常に使いやすいかと思われます。
 
 ここからが大切です。これらの視点に合わせて、汎用的に使える、表現を作成します。「コンテンツブロック」とも言われます。

 たとえばcostの場合は、
The cost of       is really expensive / high.
○○することは非常に高くつきます。

There are many other ways to            that are much cheaper.
より安く○○する方法がたくさんあります。

So         has bad cost performance.
○○することはコストパフォーマンスが悪いでしょう。

後は結論で、△△ は ○○ した(しない)ほうがいい。とします。

 具体性は全くありませんが、サポートがしっかりしたどんな内容でも使えるコンテンツブロックが出来上がりました。明確な具体例があるなら、2文目と3文目の間に、For example, といれて、「より安くできる方法の具体案」を入れてみるのもいいでしょう。

 あとは設問に合わせて、○○を入れ替えるだけで、文章ができてしまいます。このような表現を知っておけば、少し単語を入れ替えたり、否定文にするだけで、賛成でも反対でも簡単に文章が書けてしまいます。

 さて、このやり方、結局英語力は伸びていないのではと思われる方もいますが、そんなことはありません。歴史の人物も言っていました。「全ては模倣から始まる」です。まずは、真似でもなんでもいいですので、正しい文章を書くことにしっかりと慣れることです。そこからオリジナルを生み出して行く過程に入ります。この方法、小学生にもとても有効です。小学生で2級を合格しようと思うと、何よりもライティングにおける、論理的な説明に一番頭を悩ませていますので。

 一般論でも、自由英作文で高得点をとるコツは、「いかに間違えないか」であると言われています。採点が減点法であることからも、自分で好きに単語を選んでいいのに、間違えて減点されるのはもったいないことこの上ありません。知らない単語、スペルの怪しい単語は書く必要もありませんし、自信のない文法表現を使う必要もありません。確実に書ける単語、間違えない表現を使うだけです。そのためにまずは、間違えない表現と単語をストックしておく必要があります。
そうしてたくさんストックした引き出しから、状況に合わせて文章を選び、書いてていきます。今回はそのストックすべき英文を、ある程度狙いを絞って覚えるようにしましょう、という指導を春期講座の短期間で行いますので、ぜひご受講ください。
 ちなみに準1級ですが、2016年以降に9回実施されたライティング問題に記載された4つの視点のなかで、複数回出てきたことがあるのはcostだけです。となると、この作戦は使えないと思われがちですが、そんなことはありません。要は、設問に合わせて頭の文章を調整すればいいだけですので、しっかりとため込んだコンテンツブロックは必ず役立ちます。そのあたりのつなげ方は、実際に講座の中でしっかりとお伝えしますので、ご安心ください。

春だけの体験レッスン

  • 中学生プログラム トライアルコース
  • キッズ トライアルコース(新小1~3)
  • 新中1 英語先取り講座(新中1)

個別授業で、クラスのトライアルを行います。中学生の方は、4月から中学生ロジックに合流することを前提としたクラス内容になります。また、新中1生の方でAIEのクラスに合流をお考えの方は、ぜひ先取り講座を受講ください。(原則として、AIEの4月からのコースは中1の途中から始まりますので、先取り講座の受講は必須となります。)
 新中1生の方で、特に進学校の方は、お忙しいかもしれませんが、事前に英語の準備をされることを強くお勧めします。学校での英語の進め方が早くなった分、学校側もある程度事前に準備をしてきただろうという前提で授業を進めます。また私立中学の授業スピードは、非常に早いため、一度離されだすと挽回するには、倍以上の労力が必要です。

春にしかできない、テーマ別講座

  • 春限定! 英会話トレーニング
  • 小学生のための目的別オーダーメイドレッスン
  • 中・高生のための目的別オーダーメイドレッスン
  • 長文英作 対策講座(AOと2次試験対策用)★新高3生限定

  また、今年から「長文英作 対策講座」を実施します。AO入試、国公立2次試験で頻出の長文英作を伸ばすには、必ず添削という工程が必要です。自分だけの力で伸ばそうと思っても、どうしても限界がありますし、多人数の集団授業の中では、模範解答はもらえても、自分の英作文を推敲して、よりよくするためのブラッシュアップまでしてくれることは少ないでしょう。AIEでは、そんな一人では学びにくい、英作文の指導を行います。

希望大学の問題に合わせて、指導を行いますので、ぜひお問い合わせください。

指導実績:東大、京大、神大、大阪府立、大阪市立、早稲田大学国際教養、慶応大学SFC

★必ず、志望大学、学部を事前に教えてください。長文自由英作と言っても、大学によって問題の傾向が大きく違うため、必ず事前情報をいただきますよう、お願いいたします。

個別での英会話、オーダーメイドレッスンも受付中です!

詳しい資料を希望される方はこちらからどうぞ!

関連記事

入学までの流れ

STEP1
お問い合わせ
STEP2
個人面談
STEP3
入学手続き
STEP4
授業開始

お問い合わせ・無料カウンセリングのお申込み

お気軽にお問い合わせください。
御影キャンパス
芦屋キャンパス
西宮キャンパス
岡本キャンパス
Webからのお問い合わせはこちら

インフォメーション

特集
12月1日より、冬期講座がスタートします。冬期講座では、これまで好評だった英検対策講座と小学生、中学生を対象とした体験コースを中心に、様々なクラスを開講しています。オンラインでの受講も可能です!※冬期講座のご案内のダウンロードはこのページの一番下にあります。 級別・英検対策講座(小~高) 英検の正しい採点方法をご存じでしょうか。以前の英検では、だいたい6割~7割合格すれば、合格するこ…
特集
神戸の御影、岡本、芦屋、西宮にある、英語・英会話スクールのAIE英語専科です。 今年から中学校の学習指導要領が変わりました。大体10年に一度変更される学習指導要領ですが、今回の指導要領の変更は英語の教科においては非常に大きな意味を持ちます。というのは、確実に難易度を上げる変更となったからです。 これは2020年に行われた小学生における学習指導要領の変更の影響が色濃くあります。この指導…
特集
神戸の御影、岡本、芦屋、西宮にある、英語・英会話スクールのAIE英語専科です。今回は、実用英語技能検定(以下:英検)についていろいろとまとめてみました。いまだ受験者数、そして大学入試における外部試験利用でも、トップの利用状況である、英検。実は、この1年でいろいろとシステム面の変更がありました。今回はそれらを図解しながら、システム面の説明と、どのタイプの英検を受けるのが良いかを英語専門校の視点から…
特集
AIE英語専科の LINE公式アカウントです。 英語情報、季節講座、クラスの受講時に使えるお得なクーポンのご案内などを配信いたします。 上のQRコードもしくは、下記リンクより友だち登録をしてください。 AIE英語専科公式LINE URL:こちらをクリック! …
特集
英検2次試験対策講座を実施します! 神戸の御影、岡本、芦屋、西宮にある、英語・英会話スクールのAIE英語専科です。大学入試改革の流れを受け、年々受験者が増加している英検。2016年からCSEスコアによる合否判定となり、2015年以前の英検よりも、求められるスコアが少しずつ高くなったことはあまり知られていません。たとえば小中学生が多く受験する3級から2級の2次試験では、素点で19点(…