AIEとは

About

代表挨拶

橋本隆志
AIEレジデンシャルプログラムで
米国大学留学・卒業
マサチューセッツ大学大学院MBA
(経営学修士)専攻

TOEFL(PBT) 630点
英検1級取得
TOEIC 990点
はじめまして。
AIE代表の橋本隆志と申します。長年にわたり、皆様からご理解とご支援をいただき、心より感謝申しあげます。

AIEは、アメリカの大学と提携し、正規留学プログラムを実施するところから始まりました。私もそのプログラムの卒業生の1人です。そして、日本国内の事業の1つとして小・中・高校生のための英語教室「AIE英語専科」を運営しています。

AIEは、「真の国際人」を育てるために、多くの若者たちと共に歩んで参りました。英語という言語のみを学ぶにとどまらず、「真の国際人」としての「心」と「態度」を身につけていただきたいと思い、日々取り組んでおります。国際共通語である英語を身につけることによって、若者たちの将来の選択肢は大きく広がります。「The sky is the limit.」です。無限の可能性に向かって大きく羽ばたいてほしいと強く願います。

AIEの教育理念

なぜ英語を学ぶのか。 ー 自分自身になるために ー

英語(外国語)は、一つの「窓」です。
窓を開けると外の世界の広さが見え、同時に窓から入ってくる光で自分を見ることができる。その気づきが自分自身を創っていく。そこに英語を学ぶ大切な意味があるとAIEは考えます。

外国語を学んで気づくことは、母語(日本語)と異なることがたくさんあることです。英語は、その違いを大きく窓を開いて見せてくれます。そこに世界が広がります。そして同時に、開いた窓からさしこむ光で、窓がなかったら気づかなかった日本語の世界を新しく見せてくれるのです。それは、自分が拠って立つところを知ることにつながっていきます。このように、未知の世界に自分を開いていくことで、人は「自分自身」になっていくのだと思います。

AIEは、色々な機会を作って、生徒の皆さんに、英語を学ぶことが、視野を広げ、新しい自分を創ることにつながっていることの価値と楽しみを伝えていきたいと思います。

国際共通語としての英語 ー 世界に貢献する人に ー

英語(外国語)は、一つの「手段」です。
異なる文化や価値観を持った人と、相互理解しながら課題解決するためには、しっかりと伝わる言葉の習得が必要です。その手段、技術として、今、世界で公用語として使用されているのが英語です。

生徒皆さんの将来において多様で高度な情報を知り、情報発信していくためにも、基礎に忠実で正確な英語と豊富な語彙を学ぶことを「書く」「読む」「話す」「聞く」の4技能で重視します。AIEは、「技術」としての英語を高度に磨き、広く世界に貢献するミッションをめざす人の学び舎、サード・プレイスをめざしていきます。

AIEが選ばれる理由

1次世代を担う“真の国際人”を養成します

AIEは英語(外国語)ができるだけでなく、国際社会で活躍するために必要な素養を育てます。ただ単に英語を学ぶだけでなく、自分の思いをはっきり伝え、相手の言葉をしっかり受け止められるキチンとした分かりやすい英語を学びます。

また、異なる文化の人と関わり、相互理解が出来るように、「他者を大切にする心」「文化を越えて相互理解ができる柔軟な考え」「失敗を恐れないチャレンジ精神」など、国際人として必要な「心」と「態度」を育てます。

2質の高い英語教育を提供

AIEは本質的な英語力を高める英語教育を提供しています。その結果の一つとして小学生のうちに英検準2級、中学生のうちに2級~準1級を取得する学生も多く、高校卒業時には海外大学への進学や、京都大学・東京大学といった国内最難関大学への進学ができるカリキュラムになっています。

2017年度の合格実績

準1級 7人 中学2年生(最年少)
2級 30人 小学5年生(最年少)
準2級 35人 小学3年生(最年少)
3級 42人 小学1年生(最年少)
4級 43人 小学2年生(最年少)
5級 30人 小学2年生(最年少)
合計 187人

3幼児から高3まで幅広く教育を提供できる幼高一貫校

AIEは幼児から大学生まで幅広い学年に年齢に合った英語教育を提供しています。幼児~小学校低学年のお子様にはフォニックス・MATメソッドを中心に英語が好きになれるよう、語感を育むことから始めます。小学校高学年になれば5文型の理屈・理論をしっかりと理解し、読み書き、英作文もできるレベルまで英語力を高めます。中高生になれば大学入試改革にも完全対応した4技能カリキュラムで国内最難関国公立・海外大学進学への準備をします。

4海外に数多くの提携校があり、海外大学進学にも対応

AIEは海外に数多くの提携大学があり、国内では珍しく海外大学進学にも対応したカリキュラムを提供しています。一人一人に合わせたオーダーメイドによるTOEFL iBT対策も実施し、英語のエッセイ・ライティングもサポートします。

5各種イベントが充実!英語を使う機会を積極的に設けています

AIEは英語を使い発表する場としての大きなイベント、異国の文化を体験する月々の小さなイベントなど、様々なイベントをご用意しています。英語を学ぶだけでなく、英語を好きになるように積極的サポートしています。

AIE年間イベント(予定)

1月 かるた大会
2月 バレンタインデー
3月 イースターエッグハント
4月 ショッピングデイ
5月 プレゼンテーションデイ
6月 アート講座
7月 ムービーシアター
8月 夏休み!
9月 秋のクラフト作り
10月 ハロウィンパレード
11月 イングリッシュライブハウス
12月 クリスマスパーティー

入学までの流れ

STEP1
お問い合わせ
STEP2
個人面談
STEP3
入学手続き
STEP4
授業開始

お問い合わせ・無料カウンセリングのお申込み

お気軽にお問い合わせください。
御影キャンパス
芦屋キャンパス
西宮キャンパス
岡本キャンパス
Webからのお問い合わせはこちら

インフォメーション

特集
英検S-CBTの申込が開始されます! 2020年の大学入試改革における目玉、英語における「4技能試験の活用」が具体的に動き出しました。9月18日から2020年度4月~7月にかけて行われる「英検S-CBT 第1回試験」の申し込みが始まりました。 この英語の民間試験を利用したシステムの正式名称は「大学入試英語成績提供システム」といいます。このシステムに参加する団体は合計6団体、そこから2…
ニュース
残暑お見舞い申し上げます AIE英語専科は 8月11日(日)から8月15日(木)まで 夏期休暇となります。この間のお問合せ等は、8月16日以降の対応となります。宜しくお願い致します。 ※8月16日(金)は夏期講座のみ開講します。 ※8月17日(土)から通常レッスンを再開します。 厳しい暑さが続きますが、ご自愛ください。AIE …
特集
7月2日、少し衝撃的なニュースが発表されました。現行のセンター試験に代わり、2020年からの大学入試英語成績提供システムで採択された英語民間試験の中から、TOIEC®が撤退することを発表しました。(発表はこちら。)TOEICを運営する国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC)によると、 撤退の理由は、本システムへの社会的な要請が明らかになるにつれ、それらに対応するためには、受験申込から、実施…
特集
2019年度第1回の英検結果が出ました。合格した皆さん! おめでとうございます! ​準1級  3人    高校3年生(最年少合格) 2級 13人    中学2年生(最年少合格)準2級 27人    小学5年生(最年少合格) 3級 19人    小学3年生(最年少合格) 4級 13人    小学3年生(最年少合格) 5級 14人    小学1年生(最年少合格) 合計 89人  今回は、英語…
特集
7 月22 日~ 8 月3 日に、アメリカ・ワシントン州へ、夏期体験留学に行ってきました。 今年は、テーマをBreaking out of your comfort zone(コンフォートゾーンを打ち破ろう)とし、ホームステイや英語クラス、突撃英語インタビュー等、多くのチャレンジ体験をしてきました。 この留学での経験が、今後の英語学習に生かされることを期待しています。 Good…