御影キャンパス

Mikage

AIE英語専科御影キャンパス

OPEN Mon. - Sat. 14:00 - 21:00
CLOSE Sunday and Holiday
ADDRESS 〒658-0047
神戸市東灘区御影2-2-12
阪急「御影駅」徒歩3分
TEL 078-822-3406
E-MAIL kobe@aie-campus.com

小学生低学年Kid's Choice Program

Kid's Choiceで初めて英語に触れることになる子供にとって大切なことは、英語を「好き」になることです。「好き」という楽しい気持ちが、興味の芽をださせ、語学に対する花を開かせるからです。" We can do well at what we like.「好きこそ物の上手なれ」"です。まずは、子供の柔らかい感受性を通して、無理なく、そして 楽しく英語に触れていき、五感を育むことから始めたいと思います。AIEでは児童英語に効果的なフォニックスとMATメソッドを 取り入れ、無理なく英語を学べるようレッスンを実施しています。

フォニックス(phonics)とは?

「フォニックス」はもともと、英語圏の子どもたちが本を読めるように開発された指導法です。日本の子どもたちが「あいうえお」から学びはじめるように、英語圏の子どもたちはまずフォニックスを学びます。 日本人である私たちにとって、フォニックスは、カタカナのふりがなや発音記号に頼らずに英語を読めるようになるためのものです。キッズチョイスでは、文字に親しみ無理なく英語が読めるようにフォニックスのメソッドを取り入れています。

MATメソッド(MAT学習法)とは?

MATは Model/Action/Talk の頭文字を組み合わせた略語で「先生が模範(Model)を示し、生徒がそれに習って動作(Action)をしながら英語を話す(Talk)」という指導法です。 アメリカで教えられている移民の子供たちに対する英語教授法は、そのままでは日本で通用しないことから、その教授法に改良を重ねて日本の環境に適する やり方を展開するのが MATメソッドの基本となっています。子供たちが自分の関心のあることを、ナチュラルなスピードの英語で質問・答え・意見を述べ、コミュニケーションができるように子供中心のレッスンを実施しています。

Kid's Choiceの『英語が好きになる』5つのシステム

TEAM TEACHING(チーム ティーチング)
外国人講師と邦人講師とのチーム・ティーチングで、歌や絵を使い、実際に体を動かしながらNaturalなスピードの英語を学びます。外国人講師と慣れ親しむことから始め、体を使って覚えた 英語を、邦人講師と復習し、しっかり身に付けることができます。
ENGLISH PERFORMANCE(イングリッシュ パフォーマンス)
学んだ英語を使って、発表する場が年に二回あります。春学期に行われる「英語の発音チェックテスト」では、各自が与えられた課題文をネイティブスピーカーと 同じ正しい発音やイントネーションで暗唱し、皆の前で一人一人が発表します。秋学期に行われる「イングリッシュライブハウス」では、クラスごとに劇や、マジックショー、歌などを英語で発表します。
Japanese Session(日本語クラス)
英語の力を伸ばすには、まず母国語である日本語の力をつけることが不可欠です。月に一度行われる日本語クラスでは、美しい日本語の文章を読んで、感想をまとめたり、 俳句づくりなどを通して、日本語の感性を磨きます。また、クリスマスなどの欧米の季節行事を通して想像力や協調性を養います。
FAMILY MEMBERS' SUPPORT(ご家族のサポート)
ホームワークの学習内容を個別ファイルでご家族にお知らせし、また、定期的に講師からのレポートを通じてお子様の理解を深めます。ご家庭の中でお子様が何を学んでいるかに関心を持っていただくことで、より英語が好きになります。
AFTER CARE(アフター ケア)
年齢に関わらず実力がついてきたら小学校高学年のクラスに入ることができます。またその後は中1~3までの中学生プログラム、高1~3までの高校生プログラムがあり、一貫した英語指導を受けることができるのが特色です。
こんな学校から通っています

甲南、仁川、洛南、関西学院初等部、関西大学附属、同志社、愛徳、神戸大学付属、百合、御影、御影北、渦が森、東灘、本山第一、本山第二、本山第三、高羽、成徳、岩園、美野丘、稗田、山手、朝日ヶ丘、精道、潮見、夙川、鶴甲、苦楽園、甲東、高木、上ヶ原、六甲、岡本ハーベスト、光の園、御影のどか、親和、住吉むつみ、本山、芦屋みどり など (順不同)

上記以外の学校からもお越しになられています。

価格体系
入学金(入学時のみ) 20,000円
諸経費 3,800円(月額)
日本語クラス 無料
キッズチョイス 13,900円(週1)

小学生高学年Junior Program

ジュニア・プログラムの目標は、まず英語のしくみを身体で覚えることです。英語独自の仕組みを理屈で把握すすることで、感覚で使ってきた英語をより強固なものにしていきます。そのために、小学生から本格的な英語学習を始めるなら、5文型の理屈を理論的に理解することからスタートです。
子どもの成長に合わせてステージをアップしていき、中学生レベルの英語力を取得できるプログラムです。小学生の間に簡単な自己紹介や自分の趣味について書ける「公立高校入試レベル」の本物の英語力が身につきます。

ロジック・英文法と英作文

アルファベットから始めて、正しい英和辞典の引き方や単語の覚え方などを通して書き英語に慣れていきます。英文法を理解する土台を作り、英文のしくみを理解し、上級者は5文型をもとに物語文読解や英作文の学習に進みます。児童英検や英検にもチャレンジします。

スピーキング

日常的なテーマをもとにした会話の場を想定して、楽しみながら日常会話での表現を身につけます。また、クラス内は日本語禁止。英語のみで意思疎通をはかるサバイバル力を体得します。小学生のうちから、ナチュラルスピードの英語を聴きとります。

小学生(高学年)コースで取得できる英語力

英語検定準2級
英語検定3級
英語検定4級
英語検定5級

中学生レベルの英語力を取得できる。
​簡単な自己紹介や自分の趣味について書ける。

公立高校入試レベル

こんな学校から通っています

甲南、仁川、洛南、関西学院初等部、関西大学附属、同志社、愛徳、神戸大学付属、百合、御影、御影北、渦が森、東灘、本山第一、本山第二、本山第三、高羽、成徳、岩園、美野丘、稗田、山手、朝日ヶ丘、精道、潮見、夙川、鶴甲、苦楽園、甲東、高木、上ヶ原、六甲、岡本ハーベスト、光の園、御影のどか、親和、住吉むつみ、本山、芦屋みどり など (順不同)

上記以外の学校からもお越しになられています。

価格体系
入学金(入学時のみ) 20,000円
諸経費 3,800円(月額)
日本語クラス 無料
ジュニアロジック 18,100円(週1)
アカデミック・スキル 16,500円(週1)

中学生Junior High School Program

中学3年間で学ぶべき英語をAIEでは『使える英語』と呼んでいます。『使える英語』とは「英文を組み立てる能力」を指します。 ジュニア・ハイスクール・プログラムでは、英語で伝えたいことをどう表現するかを考え、英文を組み立てる能力を伸ばし、 実践できる英語力をつけることが目標です。

4つの基礎力をバランスよく伸ばす2クラスシステム

Writing Skills(書く力)
単語を覚えるコツと5文型を徹底マスターして英作自由自在
Reading Skills(読む力)
未知の語句を文脈から推測する力をのばし、速読、精読に慣れる
Listening Skills(聞く力)
​ナチュラルスピードに対応し、一度で聴きとる習慣をつける
Speaking Skills(話す力)
正しい発音とイントネーションをマスターし、自然な英語を話す

中学生ロジックとCESで使える英語をつける

中学生ロジック

文法、全文英作、語彙、長文読解(速読・精読)、リスニングをひとつにまとめ、各分野を連動させて力をつける総合英語学習クラス。 総合的なスキルを強化し、知識が身につくだけでなく実用的な英語を学習します。

スピーキング

スピーチの構成力、プレゼンの方法、イントネーションを養い、英語で発信する力を養います。 中学生のうちからより高度で実践的なスピーキングにもチャレンジします。

​中高一貫校に強いからテストも安心

​勉強とクラブ活動が両立できる
中高一貫では、6年間を通して、勉強にクラブ活動にじっくり時間を使える一方、高校受験がない分、緊張感が薄れ大学受験直前になって苦労するケースもあります。AIEでは中高一貫校生の方に対し、クラブ活動と勉強のバランスを考えながら、単元の先取り学習を通じて定期考査の成績の向上と、将来役に立つ英語力をじっくりと身につけるカリキュラムを行っています。
​読む、書く、聞く、話すの4技能を伸ばす
2020年から変わる大学入試に向けて、読む、書く、聞く、話すの4技能をバランスよく伸ばします。
えてして進学校といわれる私立中学では、文法に重きを置き、インプットを重視した授業をしがちです。AIEのクラスではインプットに加えアウトプットの実践を行うことで、4技能をバランスよく伸ばすカリキュラムになります。
​​確かな英語力が身につく
中学1年生から6年間、学びつづけることで培われる確かな英語力。1年生から学びつづけたAIE生の英語力は、各種進学実績に表れています。一方で英語は中1でみんなが横並びでスタートするとはいえ、最初につまずいてしまうと、あとから挽回するのが大変な科目でもあります。AIEでは8名までの少人数制でクラスを行いますので、きめ細かな指導が可能です。

​中学生コースで取得できる英語力

実用英語技能検定準1級
実用英語技能検定2級
実用英語技能検定準2級

自由に自分の意思を記述できる。
100語以上の英文が書ける。

​センター入試レベル

こんな学校から通っています

灘、甲陽、神戸女学院、洛南、西大和、六甲、同志社、同志社女子、関西学院中等部、関西大学中等部、関西大学第一、甲南女子、立命館、甲南、海星女子、小林聖心女子学院、親和女子、須磨学園、大阪星光、神戸龍谷、神戸国際、明星、清風、高槻、滝川、帝塚山、百合学院、啓明学院、白陵、武庫川女子大学附属、松陰、仁川学院、雲雀ケ丘、報徳、御影、鷹匠、住吉、本山、本山南、芦屋国際中等教育、精道、山手、潮見、神戸大学附属中等教育学校、大社、甲武、甲陵など

価格体系
入学金(入学時のみ) 20,000円
諸経費 3,800円(月額)
中学生ロジック 28,300円(週1)
中学生ロジック+Speaking 35,400円(週2)
中学生スピーキング 13,400円(週1)

高校生High School Program

「実践力を強化する英語」現在求められているのは、地球上で通用する真の英語力です。 ハイスクール・プログラムでは、特にグローバルに情報の行き交う今、情報収集力を高めるために、 速聴・速読に対応できる総合的な英語力を強化することが目標です。

実践力をつける3クラス編成

​高校生ロジック
文法、ライティング・スキル(全文英作・長文英作)、語彙、語源、長文読解(速読・精読)、リスニングと各分野を連動させて学習します。総合的なスキルを強化し、受験英語だけでなく実用的な英語を学習します。
​TOEFL iBT® スピーキング
TOEFL iBT® の特にスピーキング分野を強化するテキストを用い、情報収集・発信力を身につけます。 あるトピックを聞き、的確にすばやく情報収集をする『情報収集力』、特定のトピックに対し、意見や主張を明確化し、 説得力のあるスピーチを構成して発表する『情報発信力』を強化します。
TOEFL iBT®
4つの技能(読む・書く・聴く・話す)を総合的に学び、学術レベルの英語力向上をめざし、実社会に出てからも実践で役立つスキルを身につけます。TOEFL iBT®テストの傾向と対策を学び、ハイスコアの取得を目指します。

高校生コースで取得できる英語力

実用英語技能検定1級
実用英語技能検定準1級

仕事で使用する報告書の作成やマニュアルの作成が可能になる。

国公立大学、2次試験8割以上

こんな学校から通っています

灘、甲陽、神戸女学院、洛南、西大和、六甲、同志社、同志社女子、関西学院中等部、関西大学中等部、関西大学第一、甲南女子、立命館、甲南、海星女子、小林聖心女子学院、親和女子、須磨学園、大阪星光、神戸龍谷、神戸国際、明星、清風、高槻、滝川、帝塚山、百合学院、啓明学院、白陵、武庫川女子大学附属、松陰、仁川学院、雲雀ケ丘、報徳、御影、鷹匠、住吉、本山、本山南、芦屋国際中等教育、精道、山手、潮見、神戸大学附属中等教育学校、大社、甲武、甲陵など

価格体系
入学金(入学時のみ) 20,000円
諸経費 3,800円(月額)
高校生ロジック 29,300円(週1)
スピーキング 13,400円(週1)
高校生ロジック+スピーキング 36,400円(週2)
TOEFL iBT® 30,800円(週1)

※セットでの受講も可能です。

帰国生​Academic Skills

海外での生活によって身につけた英語力と学習方法は、今の日本の教育システムに適応するのが難しいことから、適した学習方法で伸ばすことが大切です。英会話では物足りない、受験塾では勉強方法が合わない、帰国子女のニーズにお応えします。
「アカデミック・スキル」では、アメリカのシステムに基づく生活形態と学習方法をその学習内容に取り入れ、お子さまが持っている能力を高く伸ばす特講クラスです。アメリカの小・中・高校レベルに相当する内容のテキストを 読解し、そのトピックについて英語で ディスカッション、スピーチを行います。授業のノートテイキング技術、リサーチペーパーの書き方を全て英語で学びます。

外国人講師によるオール・イングリッシュのコース

クラス形式 オール・イングリッシュ(外国人講師)
クラス内容 読解、ディスカッション、ノートテイキングスキル、リスニング情報収集(CNN)、語彙強化
受講対象者 英検4級~準1級相当のレベルを持つ者 帰国子女 小学生 中学生
定員 8名

TOEFL iBT®の対策

4つの技能(読む・書く・聴く・話す)を総合的に学び、学術レベルの英語力向上をめざし、実社会に出てからも実践で役立つスキルを身につけます。TOEFL iBT®テストの傾向と対策を学び、ハイスコアの取得を目指します。
価格体系
入学金(入学時のみ) 20,000円
諸経費 3,800円(月額)
アカデミックスキル 16,500円(週1)
TOEFL iBT® 30,800円(週1)

個別レッスンPrivate Lesson

​自分のペースでやりたいことを学べる

個別レッスンでは、講師と生徒が1対1で学ぶことが出来ます。クラスには時間が合わなくて来れない人、通常のクラスに追加してさらに学習したい人、各種試験対策など、個別の要望に応じてレッスンを行います。週1回を基本として、それぞれのニーズに合ったカリキュラムを組み、目標達成を目指します。

​クラスキャッチアップシステム

途中からAIEのクラスに合流される方には、キャッチアップレッスンをおススメしています。特に小学生の中学年以上から合流する場合は、書き英語の経験が必要になりますので、AIEのクラスで使っている教科書を使って、通常レッスンに追いつくための授業を受けることが出来ます。

​​講師は日本人・外国人の選択式

レッスンを担当する講師は、日本人、外国人、どちらでも選んでいただけます。受講者のニーズに合わせて、伸ばしたい力とそれを実現する方法としてベストな組み合わせを考えて、カリキュラムと担当講師をご提案いたします。

​​​こんなことが学習できます

小学生
英会話・英検対策・受験対策・海外留学準備
フォニックス・発音矯正・学校の英語対策
中学生・高校生
英会話・各種試験対策(英検・TOEIC・TOEFL・TEAPなど)
留学準備・エッセイライティング添削・学校のテスト対策
価格体系
入学金(入学時のみ) 20,000円
諸経費 3,800円(月額)
プライベート:60分/週1 29,500円(月額)
ペアー:60分/週1 24,700円(月額)
グループ:60分/週1 20,000円(月額)

大学生・社会人Private Lesson

​個人指導の特別クラス

レッスンを開始する前に、英語の「健康診断」テストとカウンセリングを受け、自分のしたいこと、しなければいけないことを把握します。目標とレッスンプランを立て、担当講師(外国人講師・日本人講師を選べます)と、ニーズに応じた英語力を伸ばします。他のコースと併せて登録もできます。

​大学生・一般人コースで取得できる英語力

TOEIC 900点
TOEFL(PBT)600点

留学やワーキングホリデー、海外企業での就職ができるようになる。

ビジネスレベル

価格体系
入学金(入学時のみ) 20,000円
日時予約制(月~土) 1セット 32,000円(60分×4回)
1回60分・90分・120分で調整可能

入学までの流れ

STEP1
お問い合わせ
STEP2
個人面談
STEP3
入学手続き
STEP4
授業開始

お問い合わせ・無料カウンセリングのお申込み

お気軽にお問い合わせください。
御影キャンパス
芦屋キャンパス
西宮キャンパス
岡本キャンパス
Webからのお問い合わせはこちら

インフォメーション

特集
11月1日、ちょうど「共通ID」の申請が開始される日になりますが、「大学入試英語成績提供システム」で活用される予定だった英語民間試験の導入が延期となりました。様々な批判の中、推し進めてきた大学入試改革の目玉となるこの施策が、急転直下、延期となりました。どうして、このシステムが延期になったのか、この方向転換による影響を考えていきたいと思います。 4技能試験 S-CBTの申込についてはこちら …
特集
こんなお悩み、ありませんか? 1年生になると習い事が…上手く小学校になじめるかしら…英語はいつから始めたらいいの?私立の英語の授業は進むのがとても早い?公立の小学校でも英語がはじまるの? 新小1クラス(Teddie)でしっかり準備をして、小学校を迎えましょう! AIE英語専科では、2020年1月から新小1(現年長)のための英語スタートクラス『テディー』を開講します。年長の間に英…
特集
10月7日に、英検からS-CBTについて発表があるとHP上に告知されたのが10月3日。本日10月7日の発表で、まさかの英検も離脱?という考えも少し浮かんだのですが、結局はS-CBTの申込期限の延期という案内でした。 申込が延期するどころか、民間試験の導入そのものが延期となりました。 英検協会からの発表(外部サイトへつながります) S-CBTについての案内はこちら! 申込期…
特集
7月2日、少し衝撃的なニュースが発表されました。現行のセンター試験に代わり、2020年からの大学入試英語成績提供システムで採択された英語民間試験の中から、TOIEC®が撤退することを発表しました。(発表はこちら。)TOEICを運営する国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC)によると、 撤退の理由は、本システムへの社会的な要請が明らかになるにつれ、それらに対応するためには、受験申込から、実施…
特集
英検S-CBTの申込が開始されます! 2020年の大学入試改革における目玉、英語における「4技能試験の活用」が具体的に動き出しました。9月18日から2020年度4月~7月にかけて行われる「英検S-CBT 第1回試験」の申し込みが始まりました。 この英語の民間試験を利用したシステムの正式名称は「大学入試英語成績提供システム」といいます。このシステムに参加する団体は合計6団体、そこから2…