コース

Course

開講コース

Baby 幼児コース 3~5歳
ひとつひとつのアルファベットを音読することから始め、「聞く・読む」力は、英検5級(中1レベル)の文章を聞き取り、自力で文章の音読ができるようになります。「書く」力は短い単語のスペルを書けるようになります。
小学生低学年
ひとつひとつのアルファベットを音読することから始め、「聞く・読む」力は、英検5級(中1レベル)の文章を聞き取り、自力で文章の音読ができるようになります。「書く」力は短い単語のスペルを書けるようになります。
小学生高学年
「話す」力は、アクティビティで英語を使うことで体得し、また、文法を使って文を組み立てていくことを学び、「書く」力をつけていきます。オリジナルテキストで、単語を正しい発音で覚え、語彙数を増やしていくので、内容を理解しながら正しい発音とイントネーションで洋書の文章を読めるようになります。6年生までに、英検準2級レベルの英語力を身につけることを目指します。
学年別で、「読む・書く・聞く」の3技能を伸ばします。文法演習に合わせた英作で文の組み立てと構文を身につけ、洋書リーディングで、興味深いトピックを短時間で内容と文章の構成を理解し、正しく音読ができるようになります。「話す」力は、ネイティブ講師と発音とイントネーション練習を徹底的に行うことで強化し、表現する力もつけていきます。中学3年までに、英検2級レベル(上級レベルは準1級)の英語力を目指します。
自分で問題発見、解決できるようになることを目指します。特に「読む・書く・聞く」の3技能を総合的に伸ばし、ライティングで応用力も養います。「話す」力は、「TOEFL iBTスピーキング」でネイティブ講師による実践的な英会話や、自分の意見を相手に伝えるプレゼンテーションで強化していきます。高校3年では、TOEFL iBT100点レベルを目指し、それぞれの進路に合わせた対策も行います。
今まで培った英語力を更に高めるコースです。一般的な英会話だけでは物足りない、という方に最適なコースとなっております。特に帰国生向けの「アカデミック・スキル」では、アメリカのシステムに基づく生活形態と学習方法をその学習内容に取り入れ、お子様が持っている能力を高く伸ばす特講クラスです。
個別レッスン
それぞれの目的別にプランを立て学習する、完全個別のオーダーメイド英語レッスンです。目的、目標、スケジュールを事前に相談して学習プランを立てレッスンを開始します。旅行や留学準備、TOEFLやTOEIC、英検などの試験対策、英会話など、目的に合わせて自分のペースで楽しく英語を体得できます。
大学生・社会人
それぞれの目的別にプランを立て学習する、完全個別のオーダーメイド英語レッスンです。目的、目標、スケジュールを事前に相談して学習プランを立てレッスンを開始します。旅行や留学準備、TOEFLやTOEIC、英検などの試験対策、英会話など、目的に合わせて自分のペースで楽しく英語を体得できます。

入学までの流れ

STEP1
お問い合わせ
STEP2
個人面談
STEP3
入学手続き
STEP4
授業開始

お問い合わせ・無料カウンセリングのお申込み

お気軽にお問い合わせください。
御影キャンパス
芦屋キャンパス
西宮キャンパス
岡本キャンパス
Webからのお問い合わせはこちら

インフォメーション

特集
11月1日、ちょうど「共通ID」の申請が開始される日になりますが、「大学入試英語成績提供システム」で活用される予定だった英語民間試験の導入が延期となりました。様々な批判の中、推し進めてきた大学入試改革の目玉となるこの施策が、急転直下、延期となりました。どうして、このシステムが延期になったのか、この方向転換による影響を考えていきたいと思います。 4技能試験 S-CBTの申込についてはこちら …
特集
こんなお悩み、ありませんか? 1年生になると習い事が…上手く小学校になじめるかしら…英語はいつから始めたらいいの?私立の英語の授業は進むのがとても早い?公立の小学校でも英語がはじまるの? 新小1クラス(Teddie)でしっかり準備をして、小学校を迎えましょう! AIE英語専科では、2020年1月から新小1(現年長)のための英語スタートクラス『テディー』を開講します。年長の間に英…
特集
10月7日に、英検からS-CBTについて発表があるとHP上に告知されたのが10月3日。本日10月7日の発表で、まさかの英検も離脱?という考えも少し浮かんだのですが、結局はS-CBTの申込期限の延期という案内でした。 申込が延期するどころか、民間試験の導入そのものが延期となりました。 英検協会からの発表(外部サイトへつながります) S-CBTについての案内はこちら! 申込期…
特集
7月2日、少し衝撃的なニュースが発表されました。現行のセンター試験に代わり、2020年からの大学入試英語成績提供システムで採択された英語民間試験の中から、TOIEC®が撤退することを発表しました。(発表はこちら。)TOEICを運営する国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC)によると、 撤退の理由は、本システムへの社会的な要請が明らかになるにつれ、それらに対応するためには、受験申込から、実施…
特集
英検S-CBTの申込が開始されます! 2020年の大学入試改革における目玉、英語における「4技能試験の活用」が具体的に動き出しました。9月18日から2020年度4月~7月にかけて行われる「英検S-CBT 第1回試験」の申し込みが始まりました。 この英語の民間試験を利用したシステムの正式名称は「大学入試英語成績提供システム」といいます。このシステムに参加する団体は合計6団体、そこから2…