ブログ

Blog

聴く力がコミュニケーションの基本! Live Listening Test 2019開催

ニュース

AIE Live Listening Test とは?

AIE Live Listening Testは、ネイティブスピーカーによるナチュラルスピードの英語(1分間に200~220語程度)を聞き取る、ライブ形式の公開リスニングテストです。ナチュラルスピードで話される様々な状況下での会話や講義、アナウンスの聞き取り、単語の正確な発音の聞き分けなどがあり、出題の難易度も幅広く設定されています。目の前で展開される会話やアナウンスの情報の詳細まで、正確に、かつ素早く聞き取ることができるかがテストのポイントとなります。このテストでは、実践的な場面を想定し、出題は全てライブで、ネイティブスピーカーがその場で話をします。音声だけではなく、スピーカーの身振り手振り、表情、全てを読み取って、話の内容を理解してください。コミュニケーションの基本となる相手の話を聴く力、これを身につけましょう!

出題形式

このテストでは、問題は合計100問、レベルは英検5級レベルから1級レベルまで、幅広いレベルの問題が出題されます。解答はマークシート式で、英語の聞き取る力を図るために、回答の選択肢はすべて日本語で表記されています。正確に英語で話される内容を聞けたかどうかが試されます。

日本の英語のリスニングテストは簡単?

留学された方が海外に行って最初に驚くのが、ネイティブスピーカーの英語のスピードです。というのも、日本のセンター試験や英検のリスニングテストは、1分間に話される英単語数、WPM=words per minute(1分につき何語話されるか)が大体120~180となっているため、実際に海外に出て、初めて生の英語に触れたときに、いつも聞いていた英語よりもずっと早く聞こえてしまいます。普段、学校でネイティブスピーカーの先生と話をしている場合でも、知らず知らずのうちに、学校の先生はわかりやすくするためにスピードを緩めてしまいます。実際のネイティブスピーカーがナチュラルスピードで話した時のWPMは大体200~220となります。ちなみに、TOEICで160~180、正確に伝えるためのアメリカのニュース番組で180~200です。ラップ音楽では平均260ワード、最速で1秒間に6.4単語、WPMにして約400単語となります。

このWPMですが、センター試験のWPMが 2020年度から120から140に引き上げられるようになります。まだまだナチュラルスピードから見るとゆっくりですが、早い音声の聴き取りに慣れておく必要があります。合わせて、音と音がつながって聞こえる「チャンク」や、音と音が合わせって音が消える「リダクション」など、実践的な英語に触れる機会はとても大切です。是非、ライブリスニングテストで、リアルな英語に触れ、自分のリスニング力を試してください。

テスト概要

日時:2019年6月16日(日) 10:00~11:30am(集合:9:50am)

場所:神戸国際会館 9F 大会場

対象:中学1年生~一般(要予約)

費用:2500円

お申込み方法:

 こちらのウェブサイトよりお申し込みください。AIE本部よりご請求書をお送りします。お振込確認後、受験票を送付しますので、受験票を当日お持ちください。

申込締切:6月8日(土)

関連記事

入学までの流れ

STEP1
お問い合わせ
STEP2
個人面談
STEP3
入学手続き
STEP4
授業開始

お問い合わせ・無料カウンセリングのお申込み

お気軽にお問い合わせください。
御影キャンパス
芦屋キャンパス
西宮キャンパス
岡本キャンパス
Webからのお問い合わせはこちら

インフォメーション

特集
12月1日より、冬期講座がスタートします。冬期講座では、これまで好評だった英検対策講座と小学生、中学生を対象とした体験コースを中心に、様々なクラスを開講しています。オンラインでの受講も可能です!※冬期講座のご案内のダウンロードはこのページの一番下にあります。 級別・英検対策講座(小~高) 英検の正しい採点方法をご存じでしょうか。以前の英検では、だいたい6割~7割合格すれば、合格するこ…
特集
神戸の御影、岡本、芦屋、西宮にある、英語・英会話スクールのAIE英語専科です。 今年から中学校の学習指導要領が変わりました。大体10年に一度変更される学習指導要領ですが、今回の指導要領の変更は英語の教科においては非常に大きな意味を持ちます。というのは、確実に難易度を上げる変更となったからです。 これは2020年に行われた小学生における学習指導要領の変更の影響が色濃くあります。この指導…
特集
神戸の御影、岡本、芦屋、西宮にある、英語・英会話スクールのAIE英語専科です。今回は、実用英語技能検定(以下:英検)についていろいろとまとめてみました。いまだ受験者数、そして大学入試における外部試験利用でも、トップの利用状況である、英検。実は、この1年でいろいろとシステム面の変更がありました。今回はそれらを図解しながら、システム面の説明と、どのタイプの英検を受けるのが良いかを英語専門校の視点から…
特集
AIE英語専科の LINE公式アカウントです。 英語情報、季節講座、クラスの受講時に使えるお得なクーポンのご案内などを配信いたします。 上のQRコードもしくは、下記リンクより友だち登録をしてください。 AIE英語専科公式LINE URL:こちらをクリック! …
特集
英検2次試験対策講座を実施します! 神戸の御影、岡本、芦屋、西宮にある、英語・英会話スクールのAIE英語専科です。大学入試改革の流れを受け、年々受験者が増加している英検。2016年からCSEスコアによる合否判定となり、2015年以前の英検よりも、求められるスコアが少しずつ高くなったことはあまり知られていません。たとえば小中学生が多く受験する3級から2級の2次試験では、素点で19点(…