ブログ

Blog

聴く力がコミュニケーションの基本! Live Listening Test 2019開催

ニュース

AIE Live Listening Test とは?

AIE Live Listening Testは、ネイティブスピーカーによるナチュラルスピードの英語(1分間に200~220語程度)を聞き取る、ライブ形式の公開リスニングテストです。ナチュラルスピードで話される様々な状況下での会話や講義、アナウンスの聞き取り、単語の正確な発音の聞き分けなどがあり、出題の難易度も幅広く設定されています。目の前で展開される会話やアナウンスの情報の詳細まで、正確に、かつ素早く聞き取ることができるかがテストのポイントとなります。このテストでは、実践的な場面を想定し、出題は全てライブで、ネイティブスピーカーがその場で話をします。音声だけではなく、スピーカーの身振り手振り、表情、全てを読み取って、話の内容を理解してください。コミュニケーションの基本となる相手の話を聴く力、これを身につけましょう!

出題形式

このテストでは、問題は合計100問、レベルは英検5級レベルから1級レベルまで、幅広いレベルの問題が出題されます。解答はマークシート式で、英語の聞き取る力を図るために、回答の選択肢はすべて日本語で表記されています。正確に英語で話される内容を聞けたかどうかが試されます。

日本の英語のリスニングテストは簡単?

留学された方が海外に行って最初に驚くのが、ネイティブスピーカーの英語のスピードです。というのも、日本のセンター試験や英検のリスニングテストは、1分間に話される英単語数、WPM=words per minute(1分につき何語話されるか)が大体120~180となっているため、実際に海外に出て、初めて生の英語に触れたときに、いつも聞いていた英語よりもずっと早く聞こえてしまいます。普段、学校でネイティブスピーカーの先生と話をしている場合でも、知らず知らずのうちに、学校の先生はわかりやすくするためにスピードを緩めてしまいます。実際のネイティブスピーカーがナチュラルスピードで話した時のWPMは大体200~220となります。ちなみに、TOEICで160~180、正確に伝えるためのアメリカのニュース番組で180~200です。ラップ音楽では平均260ワード、最速で1秒間に6.4単語、WPMにして約400単語となります。

このWPMですが、センター試験のWPMが 2020年度から120から140に引き上げられるようになります。まだまだナチュラルスピードから見るとゆっくりですが、早い音声の聴き取りに慣れておく必要があります。合わせて、音と音がつながって聞こえる「チャンク」や、音と音が合わせって音が消える「リダクション」など、実践的な英語に触れる機会はとても大切です。是非、ライブリスニングテストで、リアルな英語に触れ、自分のリスニング力を試してください。

テスト概要

日時:2019年6月16日(日) 10:00~11:30am(集合:9:50am)

場所:神戸国際会館 9F 大会場

対象:中学1年生~一般(要予約)

費用:2500円

お申込み方法:

 こちらのウェブサイトよりお申し込みください。AIE本部よりご請求書をお送りします。お振込確認後、受験票を送付しますので、受験票を当日お持ちください。

申込締切:6月8日(土)

関連記事

入学までの流れ

STEP1
お問い合わせ
STEP2
個人面談
STEP3
入学手続き
STEP4
授業開始

お問い合わせ・無料カウンセリングのお申込み

お気軽にお問い合わせください。
御影キャンパス
芦屋キャンパス
西宮キャンパス
岡本キャンパス
Webからのお問い合わせはこちら

インフォメーション

特集
4技能試験の延期は正解?   2019年11月1日、大学入試改革の目玉の一つであった、「大学入試英語成績提供システム」の導入が延期されることが発表されました。従来、2019年度に中学1年生になる方が、大学入試改革の英語における移行期間が終わり、英語は「大学入学共通テスト」ではなく大学入試センターが認めた、外部試験を受験することが必須となる世代でした。しかし延期により、どの世代がこの大きな変…
特集
2019年度第2回の英検結果が出ました。合格した皆さん! おめでとうございます! ​準1級  1人    小学6年生(最年少合格) 2級 20人    小学5年生(最年少合格)準2級 21人    小学4年生(最年少合格) 3級 24人    小学1年生(最年少合格) 4級 21人    小学2年生(最年少合格) 5級 11人  &nbs…
特集
11月1日、ちょうど「共通ID」の申請が開始される日になりますが、「大学入試英語成績提供システム」で活用される予定だった英語民間試験の導入が延期となりました。様々な批判の中、推し進めてきた大学入試改革の目玉となるこの施策が、急転直下、延期となりました。どうして、このシステムが延期になったのか、この方向転換による影響を考えていきたいと思います。 4技能試験 S-CBTの申込についてはこちら …
特集
こんなお悩み、ありませんか? 1年生になると習い事が…上手く小学校になじめるかしら…英語はいつから始めたらいいの?私立の英語の授業は進むのがとても早い?公立の小学校でも英語がはじまるの? 新小1クラス(Teddie)でしっかり準備をして、小学校を迎えましょう! AIE英語専科では、2020年1月から新小1(現年長)のための英語スタートクラス『テディー』を開講します。年長の間に英…
特集
12月2日より、冬期講座がスタートします。 冬期講座では、これまで好評だった英検対策講座と小学生、中学生を対象とした体験コースを中心に、様々なクラスを開講しています。 級別・英検対策講座(小~高)  11月1日、 「大学入試英語成績提供システム」で活用される予定だった英語民間試験の導入が延期となりました。高2生は大幅な方向転換を迫られ、高3生は、浪人を避けるために安全志向が高まって…