ブログ

Blog

【ブログ】 3:7の法則

教室長ブログ

 ご無沙汰しています。

 桜の花を傍目に、新年度を迎えました。繁忙期という言葉もありますが、AIEにとって一番忙しい時期は間違いなくこの4月です。おかげさまで今年もたくさんの新たな出会いがありました。AIEでは、キャンパスによって若干の違いがありますが、ご入会いただく方の半数以上がご紹介によるものです。「お知り合いの方から聞いて」と、お越し下さる方がたくさんおられることは、とてもうれしいことです。

 さて、今回のタイトルですが、この3:7の数字に心当たりはありますか。

 陸と海の比率、体内の水分とそれ以外の比率、会社でよく働く人とそうでない人の比率、ユダヤの法則でもそれに近い22:78という数字が出ています。

今回お話しする3:7は知識定着における、インプットとアウトプットの比率のベストの値です。私が勝手に言っているのではなく、コロンビア大学の心理学者アーサー・ゲイツ教授の実験による結果ですので、信ぴょう性も十分ですのでご安心ください。インプットが3でアウトプットが7です。

それにしても3:7という数字は少し驚きです。インプットの2倍はアウトプットしないと知識定着しないわけですので、普段の勉強にもアウトプットの機会を取り入れる必要があります。

もう一つ、ラーニングピラミッドという考え方がありますので、そちらもご紹介します。

知識が定着するにはどうすればいいかということが書いてあります。

上から順番に 講義⇒読書⇒映像⇒デモ⇒討論⇒実体験⇒他人に教える となっており、下に行けばいくほどアウトプットにつながります。

 一番定着できるのが、「教えること」というのは納得です。某有名進学校でも、教えあうという文化があるそうで、教えることが結果的に当人の知識定着につながっているのでしょう。

 さて、AIEでの授業をインプットとアウトプットに分解してみたところ、アウトプットの機会が多いことに改めて気が付きました。もちろん、先生からの文法解説もありますが、すぐに演習に入りますので、クラス時間の半分以上はアウトプットです。特に授業は少人数制ですので、問題の答え合わせのときも、どんどん当てられ発言が求められますので、受け身になる時間がありません。人の答えも聞きながら自分の答える順番が回ってきますので、頭は常にフル回転していないと大変です。

 この考え方は、AIEの宿題の量にも表れています。AIEは宿題をたくさん出しません。学習塾によっては、宿題を大量に出すところもありますが、AIEでは、クラスの中身をしっかりと濃くしておいて、クラス内でしっかり理解し、学習内容の定着を図れるようにしています。とはいえ、単語だけはおうちで学習しないといけません。単語は覚えるために回数が必要ですので、次の週の単語テストまでに回数をこなしてもらえるように指導しています。

 このアウトプットの「他人に教える」という行為、先日面白い記事がありました。なんでも「作文」が非常にいいのだとか。作文は一度何か自分の中に取り入れたもの(インプット)を自分の中で解釈、咀嚼してから吐き出し(アウトプット)ます。「毎日、そんな作文なんてやってられない!」という方も大丈夫です。一番の作文はノートテイキングです。曰く、ノートをとる際に、先生の言ったことやホワイトボードに書かれた内容をそのまま写すのではなく、自分の中で「まとめ」をつくってそれを書きだすのが良いとのことです。それもあって、今年から「大事ノート」と銘打って、演習ノートとは別に自分が学んだことを書きだすノートをつくってもらっています。そうすることで、今日学んだことを、将来の自分に対して、最高のアウトプットができます。結果的に、自分に教えてあげることができるということです。ノートにまとめるアウトプットの段階で、もしわからないところや、「あれ?どうだっけ?」というところがあれば、そこはまだ自分が完全にわかっていないところですので、自分に対しても、学びなおすきっかけになりますね。是非このノートテイキング時にアウトプットをしているということを意識してください。

 今回のお話、ここまでがインプットで10のうち3ですので、ぜひ、アウトプットが7になるように、いろんな人に教えてあげてください!

関連記事

入学までの流れ

STEP1
お問い合わせ
STEP2
個人面談
STEP3
入学手続き
STEP4
授業開始

お問い合わせ・無料カウンセリングのお申込み

お気軽にお問い合わせください。
御影キャンパス
芦屋キャンパス
西宮キャンパス
岡本キャンパス
Webからのお問い合わせはこちら

インフォメーション

特集
今日は、新形式英検におけるライティングの重要性についてです。 その前に最近はやりの生成AIで遊んでみました。CLAUDE3で以下のプロンプトを入れてみましたので、結果と合わせてご覧ください。あなたはプロフェッショナル英語講師です。英検のプロとしてお答えください。英検が2024年から変更になります。この変更にあたり、学習時に気を付けるべき点を教えてください。 回答は以下の通りです。 …
特集
合格した皆さん! おめでとうございます! 2023年度の合格者数です。  1級  3人    高校2年生(最年少合格) 準1級 16人    小学6年生(最年少合格) 2級 50人    小学5年生(最年少合格) 準2級 63人    小学1年生(最年少合格) 3級 77人    小学3年生(最年少合格) 4級 44人    小学2年生(最年少合格) 5級 24人    小学…
特集
2024年度新学期の案内です。 この4月から小学校1年生、中学校1年生、高校1年生になられる方へ向けたクラスのご案内です。これまで英語を習ったご経験のある方も、これから初めて英語を学ぶ方も、新学期をスムーズに始めるために是非お越しください。他学年の方も、様々なクラスを開講しております。是非お問い合わせください。 新学期は2024年4月8日からスタートです! 今年も頑張りましょう! …
特集
いよいよ来ました。英検が変わります。 かれこれ2000年代前半に1度出題形式が変わり、2015年と2017年にライティング入って以来の大改訂になりそうです。 変更点はこちら! 今回の変更点は以下の表のとおりです。 ライティングの変更点のポイントは? 一番大きな変更点は、ライティングの設問が増えるという点です。これは単純に準備にこれまでの2倍の手間がかかります…
特集
先ほど英検協会から速報が来ました。 2025年から導入される英検準2級と2級の間に位置する級の名前が「準2級 プラス(英語表記:Grade Pre-2 Plus)」に決まったとのことでした。 この導入の理由は以下の通りです。 前提:英検はこれまで、高校1年生で準2級、高校卒業時に2級の取得を目標としたレベル設定をしてきた ✓確実にCEFR の「Independen…