ブログ

Blog

【ブログ】音楽と英語

教室長ブログ

 2月になりました。中3生、高3生は受験のため、一番忙しい時期です。小学生も負けておらず、塾などの習い事のスケジュールが変わる関係もあり、お母様も巻き込んで大変忙しくされています。そんな習い事と英語のお話です。
みんなに人気の習い事をいくつかピックアップすると…。
 ①バレエ・ダンス 女の子の王道です。
 ②ピアノ、バイオリンなど楽器 これも男の子、女の子問わず人気です。
 ③スイミング 体も元気になります。
 ④スポーツ サッカー、野球、テニス、世界で活躍する選手たちのおかげで人気です。
 ⑤そろばん 計算が早くなりますね。

 珍しいところでは、
 ①合気道 精神も鍛えられます。
 ②フィギュアスケート 2回転ジャンプできるとのことです。
 ③お料理教室 毎日が楽しくなりますね。
 ④ロボット教室 今後はプログラミングの必修化に伴い需要が増えそうです。

 そして、習い事と言ってよいのか分かりませんが、学習塾もスケジュールに入っていますね。
 ①学習塾 
 ②家庭教師

 こういった習い事が並びました。昔の学生さんでは、インドダンスなるものを習っていた方もおられ、これがまた大変上手で驚いたこともありました。

 さて、この習い事、AIEも広い範疇でいうと、習い事でくくられるのですが、我々の場合は、塾なのか英会話なのか、どっちかわかりづらいポジションを、昔からあえてとってきました。弊社のチラシの上の方に「受験英語じゃつまらない、英会話じゃ物足りない、答えはAIE!」という文言があります。「AでもBでもない、それはCだ!」といわれても、「じゃあ、結局AIEってなに?」って言いたくなりますよね。結局、「AIEとは?」と問われると、手前味噌ですが、「塾と英会話のいいとこどり」と思っていただければ嬉しいです。この辺りを先の習い事と合わせて少し、お伝えできればと思っています。

 先ほどの習い事の中でも、圧倒的に人気があるのは、音楽です。ピアノ、フルート、バイオリンなどなど、様々な楽器に皆さんチャレンジされています。

 Sさんは、プロのバイオリニストをめざし、本格的に活動中です。各年代のコンクールの優勝、入賞を含め実績も十分、それを支える練習やセミナーなどの参加のため、日本中を飛び回り、バイオリンを中心に毎日を過ごされています。そんな彼女が英語のレッスンに来てくれる理由は、今のバイオリンのお師匠さんとのコミュニケーションスキルアップのためです。また、将来的には世界で活動をするためにも、英語のスキルをアップさせたいという思いがあるのでしょう。こういった、大きな目標がしっかりしたお子様は、学習姿勢も大変よく、毎日、忙しい中ですが宿題もきちっとこなし、意欲的に学んでくれています。うれしいことです。

 さて、この音楽、英語ととても似ていると思うことが多々あります。一つは理論と実践の両方が必要な点、もう一つは、目標の大切さです.

 ①理論と実践の大切さについては、楽器はすごくわかりやすいですね。楽譜を読めなければ、バイオリンを弾くことはできませんが、楽譜だけを見ていても曲を完成しません。逆にバイオリンを好き勝手に弾いても、決して美しい曲にはなりません。1つの曲を完成させるために、楽譜も読み方を学び、同時に手も動かして、弾くこと自体を体に覚ええさせていく必要があります。英語も同じです。文法、発音、単語、そういったルールと合わせて、実際に話し、聞いて、書いて、読んで使ってみることが大切です。ということで、塾のような単語学習や文法、読解も大切ですし、英会話に見られるリスニング、スピーキング、それらがないと、いつまでたっても使えるようにならないため、その両方をAIEは取り入れています。

 ②の目標の大切さ、これは何事においてもそうかもしれませんが、将来にたいして、「こうなりたいな」「こんなことをやりたいな」という思いが強いほど、その過程である、練習時間にもエネルギーが入りますし、少々の大変さを乗り越える力が湧いてきます。英語を伸ばす秘訣は、①目標設定、②動機づけ、③努力結果の3つを組み合わせることですが、意外と①の目標設定ができていない場合があります。もちろん、目の前の学校の試験や、英検も立派な目標ですが、もう少し先を見て、英語ができるようになると、自分の人生が豊かになるかも…と思っていただければ、うれしいです。楽器も、もちろんプロになれる人はほんの一握りですが、音楽が人生を豊かにすることは間違いないでしょう。

 私たちも、英語スクールとして、目の前の目標であるテストの点を高めたり、受験を成功に導いたりといろいろありますが、最終的には、英語という言語を使えることがとても楽しいこと、そして、英語には人生に新しい選択肢を与えてくれる可能性がある、そういうことが伝わるように、日々頑張りたいと思います。

 最後に、Sさん、バイオリン頑張ってくださいね!
Where there is a will, there is a way.(意志あるところに、道開く)です。
 長文、失礼しました。

関連記事

入学までの流れ

STEP1
お問い合わせ
STEP2
個人面談
STEP3
入学手続き
STEP4
授業開始

お問い合わせ・無料カウンセリングのお申込み

お気軽にお問い合わせください。
御影キャンパス
芦屋キャンパス
西宮キャンパス
岡本キャンパス
Webからのお問い合わせはこちら

インフォメーション

特集
今日は、新形式英検におけるライティングの重要性についてです。 その前に最近はやりの生成AIで遊んでみました。CLAUDE3で以下のプロンプトを入れてみましたので、結果と合わせてご覧ください。あなたはプロフェッショナル英語講師です。英検のプロとしてお答えください。英検が2024年から変更になります。この変更にあたり、学習時に気を付けるべき点を教えてください。 回答は以下の通りです。 …
特集
合格した皆さん! おめでとうございます! 2023年度の合格者数です。  1級  3人    高校2年生(最年少合格) 準1級 16人    小学6年生(最年少合格) 2級 50人    小学5年生(最年少合格) 準2級 63人    小学1年生(最年少合格) 3級 77人    小学3年生(最年少合格) 4級 44人    小学2年生(最年少合格) 5級 24人    小学…
特集
2024年度新学期の案内です。 この4月から小学校1年生、中学校1年生、高校1年生になられる方へ向けたクラスのご案内です。これまで英語を習ったご経験のある方も、これから初めて英語を学ぶ方も、新学期をスムーズに始めるために是非お越しください。他学年の方も、様々なクラスを開講しております。是非お問い合わせください。 新学期は2024年4月8日からスタートです! 今年も頑張りましょう! …
特集
いよいよ来ました。英検が変わります。 かれこれ2000年代前半に1度出題形式が変わり、2015年と2017年にライティング入って以来の大改訂になりそうです。 変更点はこちら! 今回の変更点は以下の表のとおりです。 ライティングの変更点のポイントは? 一番大きな変更点は、ライティングの設問が増えるという点です。これは単純に準備にこれまでの2倍の手間がかかります…
特集
先ほど英検協会から速報が来ました。 2025年から導入される英検準2級と2級の間に位置する級の名前が「準2級 プラス(英語表記:Grade Pre-2 Plus)」に決まったとのことでした。 この導入の理由は以下の通りです。 前提:英検はこれまで、高校1年生で準2級、高校卒業時に2級の取得を目標としたレベル設定をしてきた ✓確実にCEFR の「Independen…